男性のテンション下げる!NGワード「たちつてと」とは?

不満げな表情

こんにちは。共働き希望の方専門の結婚相談所 婚活サロンエンエルアのさくまなおみです。
先日、褒め言葉に有効な「さしすせそ」についてお伝えしました。
(ブログの内容はこちら→褒め言葉「さしすせそ」をナチュラルに使いこなす方法

今回はその逆で男性のテンションを下げてしまうNGワードの「たちつてと」についてご紹介します。

た:「大したことないね」
ち:「ちがうんじゃない?」
つ:「つまらない」
て:「テキトーでいいよ」
と:「とんでもない」

目次

た:大したことないね

これは男性のプライドを傷つけてしまう言葉です。本人として努力したことなど、「すごいね」と褒められたいと心の中では思っています。それを過少評価されたと感じて、心を閉ざしてしまいます。
直接的に言うのはもちろんNGですが、『大したことないじゃん』と見下した態度を取ることもいけません。
言葉だけでなく、表情などの態度に出てしまっていないか気をつけて下さい。

ち:ちがうんじゃない?

自分の価値観や考えと違っていたとしても、相手の言うことにまず否定から入るのは避けるべきでしょう。
共感ができないものでも、「その考え、新しい!」「珍しい発想だね」「面白い観点だわ」「それも一つの考えだね」と、できるだけ一つの意見として受け取る努力をしてみましょう。
ただ、明らかに自分とは異なる意見で、どうしても受け入れられない主張なら、「あなたはそういう考えなんだね。私はこういう考え方もあるんじゃないかと思うよ」と、相手の意見は尊重しつつも、あなたの意見をやんわりと伝えてみるのもありです。

つ:つまらない

これに関しても言葉だけでなく、態度に現れていないか注意が必要です。
とはいえ、本当につまらない話ばかりされる時や退屈と感じてしまう状況の時もあります。
そのような場合は、一旦「そうなんだ」でつなぎながらやり過ごし、様子を伺いつつ、新しい話題を提供したりや自らアイディアを提案をしてみましょう。

て:テキトーでいいよ

男女関係なく、一緒にいる時にこれを言われてしまったら、考えることを放棄してこちら側に丸投げしてきていると感じてしまいますよね。「何でもいいよ」も同様です。いくつかの選択肢を提案したり、一緒に考えて参加する姿勢を示しましょう。

と:とんでもない

せっかく褒めたのに、「とんでもない」と返されると、褒めた甲斐もなく、テンションが下がります。謙虚でいることや時に謙遜することも必要ですが、ビジネスの場などではなく、お見合いやデートなどの場面であなたのことを褒められた時には素直に「ありがとう」「嬉しい」とポジティブな言葉で返すようにしていきましょう。

以上が男性のテンションを下げさせるNGワード「たちつてと」についてでした。
「たちつてと」が出てしまわないように気をつけつつ、わざとらしくない「さしすせそ」を使って、良好な関係を築いていきましょう。

目次