あなたはどれ?【恋愛スタイルの6タイプ】

ハート

こんにちは。共働き希望の方専門の結婚相談所 婚活サロンエンエルアのさくまなおみです。

行動心理士、上級心理カウンセラーの資格を持つ婚活カウンセラーの私から、今日は6つのタイプの恋愛スタイルについてご紹介いたします。

カナダの心理学者リーは人間の恋愛の傾向を6つに分類し、「ラブスタイル類型論」と名称を付けました。
恋愛には6色の種類(色彩)があり、基本スタイルにエロス、ストルゲ、ルダス、そしてそれらの混合形としてマニア、アガペー、プラグというスタイルがあるとしました。
この理論は「恋愛の色彩理論」とも呼ばれていて、広く認知されています。

目次

エロス=美への愛

ビジュアル重視、または相手の仕草や行動からの内面の美しさに惹かれるタイプ

このタイプの恋愛傾向

  • ロマンティックな行動を取る
  • 関係の初期段階から親密になることを望む

ストルゲ=友愛的な愛

お互いを高めながら2人で完成された1つの世界を作っていこうとするタイプ

このタイプの恋愛傾向

  • 愛は長い時間をかけて生まれるものだと思っている
  • 長期間離れていても、安定した関係を続けていける

ルダス=遊びの愛

1人に縛られることなく、ゲーム感覚で恋愛を楽しみたいタイプ

このタイプの恋愛傾向

  • 複数の異性と同時に恋愛ができ、好みのタイプは一定でない
  • プライバシーを侵害されることを嫌がる

マニア=熱狂的な愛

激情的な独占欲を持ち、相手に執着、嫉妬、束縛をしやすいタイプ

このタイプの恋愛傾向

  • 自分に自信がなく、関係を安定させにくい
  • 相手の短所を無視し、長所にばかり目を向けがち

アガペー=献身的な愛

自分を犠牲にしてでも、相手を愛そうとするタイプ

このタイプの恋愛傾向

  • 相手に優しく接し、見返りを求めない
  • 相手のためなら、身を引くこともできる

プラグマ=実利的な愛

地位や家柄、学歴、収入など、愛を通して付随的な要素を手にしたいタイプ

このタイプの恋愛傾向

  • 交際相手を選ぶ基準を持っている
  • 恋愛にロマンスや感情を持ち込まず、外見的な魅力にさほど興味がない

相性が悪い組み合わせ

ラブスタイル類型論では、同じタイプと、隣同士の類型は上手くいきやすいとされています。
似たような恋愛に対する考え方や価値観のため、お互いを理解しやすく、すれ違いが少なくなります。
逆に対極の位置にあるラブスタイル同士は相性が悪いとされています。

エロス × プラグマ
ストルゲ × マニア
ルダス × アガペー

1つのタイプに分けられるわけではない

誰もが100%それぞれの6タイプに分類できるというわけではなく、あくまでどの傾向が強いかというものです。
それぞれのタイプがどの程度の割合なのかという風に考えてみるのが良いですよ。

目次