人の印象は出会って3回目までで固定される【スリーセット理論】とは?

デートのイメージ

こんにちは。共働き希望の方専門の結婚相談所 婚活サロンエンエルアのさくまなおみです。

心理学の理論で「スリーセット理論」という法則があります。
これは人の印象は初対面から3回目までで固定化されるという心理学の理論です。

結婚相談所の婚活に置き換えると、初対面であるお見合い、初デート、2回目のデート。
ここまでで相手の印象は固定され、その後変化しないのです。

つまり、3回の接触までに良い印象を与えないとその後の挽回は不可能ということです。

一番大事なのはやはり第一印象

まず何よりも大切なのは初対面の時の印象ですね。

これは誰もが「第一印象は大事」ということをご存知かと思います。

初対面の相手に好印象を与える以下の要素を意識することが重要です。

  • 見た目(ファッション、メイク、髪型、清潔感、笑顔)
  • 話し方(言葉遣い、声のトーンや大きさ、話すスピード)
  • 立ち振る舞い、仕草

2回目は【再確認】

2回目の接触は、第一印象で持ったイメージが正しいものだったのかを判断する【再確認】の段階です。
再確認とは言え、第一印象で相手にあまり良い印象を与えられなかったという人もまだ挽回は可能。

2回目の接触時なら、
「初対面の時は良い印象ではなかったけど、実はそういう面もあるんだ!」
「あれ?意外とこんな良いところがあるんだ!」

と思わせることはまだできます。

第一印象では外見的な部分が評価の大きな比重を占めますが、2回目ではより相手の内面、人間性を見ようという心理になることが多いです。

1回目の接触で失敗してしまった場合でもチャンスはあるので、良い印象に変えられるように

  • 気遣い
  • 立ち振る舞い
  • 会話の内容

で挽回を狙いましょう。

3回目は【答え合わせ】

そして3回目はそれまでの2回の接触での印象の答え合わせをして、その人のイメージを確定していきます。
1・2回目で得た情報から「やっぱりこういう人だよね!」と固定化しようとします。
「〜かも」という状態から「〜だ」という断定した状態に変わります。

2回目までで悪い印象を与えていると3回目でイメージを覆すのはかなり難しいので、実質2回目までが勝負ということです。
2回目までに相手に好印象を与え、3回目の接触ではそこまでで与えてきたポジティブな印象を崩さないように気をつけましょう。

1回目:外見や顔の表情などに特に気をつけて良い第一印象を与える

2回目:内面を見られていることを意識し、好印象を与える行動や言動を心がける

3回目:2回目までに与えた良い印象を崩さないようにする

このことに気をつけて、お見合い・デートをしてみてくださいね。

目次
閉じる