バチェロレッテ2 最終話の感想

バラの画像

こんにちは。共働き希望の方専門の結婚相談所 婚活サロンエンエルアのさくまなおみです。
アマゾンプライムビデオで配信中のバチェロレッテ2。
ついに最終話が公開されました。

最終話を見た感想をブログにしました。
ネタバレがあるため、まだご覧になっていない方はご注意ください。

※ここからはネタバレを含みます※

最初の回から私は長谷川さん推しでした。
(何なら配信前のYotubeのプロフィール映像の時から好印象でした)

これまでの長谷川さんと美紀さんの関わり合いを見ていると、やはり2人が自然体でいられるように見えて、最終的に選ばれるのは長谷川さんだろうと思っていましたし、ほとんどの視聴者の方もそのように感じていたかと思います。

最終的に選ばれたのは、佐藤マクファーレン優樹さん。
一緒に見ていた夫とともに、目を見開いて思わず叫んでしまいました。

最後の2人のデートの時にピアノでエリーゼのためにを弾いたマクファーさん。
まさかこんな武器を最後まで隠し持っていたなんて!!と驚きました。

これまでの話から見えていたマクファーさんのキャラクターなら、
美紀さんがピアノを披露した後、にカクテルパーティーの場で「実は僕もピアノが弾けるんだけど・・・聞いてくれる?」とかアピールするような方なのかと思っていました。
こんなサプライズは女子としては結構胸キュンですね。

最後まで、「可愛い」「天使みたいだ」「本当に好きだ」と伝え続け、それを行動でも表し続けたマクファーさんの一貫した美紀さんへの愛が伝わったのですね!

今回のシーズンの参加男性って、自分のことや美紀さんへの想いを「手紙にしたためて」伝える男性が多かったなという印象を持ちました。

手紙にして伝えられるのももちろん嫌な気はしないのですが、紙に書かれた文章を読みながら伝えられるよりも、その場で言葉にして伝えてくれた嬉しいんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?

せっかく今この場で一緒に時間を過ごしているのなら、直接目を見て想いを伝えてくれた方が、本心から来ている言葉だと実感できて心に刺さる気がするんです。

だから、限られて時間の中で想いを伝えたり、好きを表現するなら今この場で直接自分の言葉で語って欲しいなと。

で、それを終始やっていたのってマクファーさんだったなって。常に自分の言葉で直接美紀さんに伝え続けていましたよね。

美紀さんはマクファーさんの事を「言動と行動が一致しているところが信頼できる」とよく言っていました。

経営者として常に周りのことに神経を使い、ずっと気を張ってきたからこそ、裏表がないので発言を疑わなくても良い人、そして何があっても絶対に信用できる存在であると感じてマクファーさんを最後に選んだのかなと思いました。

恋愛において、自分の気持ちを相手に伝え続けること、そしてそれを行動に表すことってとても大事なんだなということを改めて今回のバチェロレッテで感じました。

美紀さんとマクファーさんの2人には幸せになってもらいたいですし、最後にローズがもらえなかった長谷川さんにも素敵な女性が現れますようにと願っています。

目次
閉じる