デート中の会話でのNG態度5選

退屈なイメージ

こんにちは。共働き希望の方専門の結婚相談所 婚活サロンエンエルアのさくまなおみです。
今日は、デート中にこんな態度で会話をするのはNGという5項目をお伝えします。

1. 自分の話ばかりする

一緒にいるのに自分の話ばかりしていると、相手を疲れさせてしまいます。
自分の話をしすぎていると気づいたら、相手に話題を振ったり質問するように心掛けましょう。
会話のスポットライトを相手に向ける意識を持ちましょう。

2. 会話泥棒

相手が話しているのに「あ、それ知ってる!私の場合は〜でね・・・」と相手の話の腰を追って、自分のトークにしないようにしましょう。
その「私の場合は・・・」の話の方が、さらにエピソードとしてのインパクトがすごかったりすると相手のテンションは更にだだ下がり必至なので要注意。

3. 否定的なワードや愚痴

「どうせ」「だって」「でも」というネガティブなワードや、愚痴ばかりだと、つまらなくさせてしまいます。
普段の口癖で否定的な言葉をよく使っていないかも振り返ってみてください。

4. 相槌や表情が乏しい

話を聞いているときに相槌が少ないと、「話をちゃんと聞いてくれているのかな?」「そんなに自分の話はつまらないのかな・・・」と自信を喪失させてしまいます。無表情やつまらなそうな顔で聞くのもNGです。
ちょっと大袈裟かなと思うくらいのオーバーリアクションや相槌で話を聞くことを意識してみましょう。

5. 知らないテーマに無関心

相手の趣味の話などで、あなたが興味のない分野だった場合でも、いかにも興味がなさそうな態度を取らないように気をつけましょう。知らなかった世界を知ることができる機会です。
「詳しくないからもっと教えて!」と前のめりに聞いていると、相手も気持ち良い気分で話してくれます。

いかがでしたか?
自分が一方的にもてなされる側、という感覚になってないか気をつけてください。
相手も自分も楽しい時間にする!という気持ちを忘れずに2人の時間を大切にしてくださいね。

目次