【婚活に役立つ心理学】心の距離を縮める「座る位置」とは?

【婚活に役立つ心理学】心の距離を縮める「座る位置」とは?

こんにちは。共働き希望の方専門の結婚相談所 婚活サロンエンエルアのさくまなおみです。

2人の親密性を高めるためにはデートでの座る位置は重要です。
行動心理学には「スティンザー効果」という法則があります。

スティンザー効果によると、座る位置によって次のような現象が起こると言われています。

  • 真正面】:敵対関係が生まれやすい
  • 【真横(隣)】:身体的な距離が近くなるため、親密性が高まる。
  • 【斜め前】:適度な距離が保たれ、緊張感が緩和されるため親しくなりやすい。

つまり、行動心理学からいうと、斜め前の位置に座るのがおすすめということです。

テーブルと椅子
図1

とはいえ、ほとんどのレストランでは真正面に向かい合って座るスタイルですよね。
例えば、ランチ後にカフェへ行き、窓辺にある丸テーブルで、上記の図1のイラストのように斜めの位置で座るようにしてみるといいですよ。
初デートでいきなりカウンター席で食事はハードルが高いですが、少し慣れてきた関係性であれば、下の図2のイラストのようなカウンター席を選んだり、バーで横並びに座ると親密度が高まるでしょう。

カウンターでの会話
図2
ベンチでの会話
図3

また、お食事の場以外でもこの法則を使うことはできます。
例えば、テイクアウトでコーヒーを買って、公園のベンチに座ってお話をするのも、隣同士になるので、2人の心の距離を縮められるでしょう(図3)。

婚活カウンセリング予約はこちら

カウンセリングのお申し込み

(入会を強制するようなことは一切ございませんので、安心してお申し込みください。)

目次